風俗キング

 >  > 階段前のスライドドアを開いてご対面です

階段前のスライドドアを開いてご対面です

入店後20日の新人ソープ嬢。デビューの10日前から熱心に写メ日記を更新しており、こういうソープ嬢はサービスも真剣の筈と注目。写メ画像もなかなかの別嬪さんであるし。ところが、私は地方在住だし、しかも登楼可能な日の在籍予定がなかなか出ない。店に問い合わせると、病院で定期的に検査をしないとシフトが出せないルールであるという。限られた上京日程でスケジュールを決められないのは辛いが、キャストと客の安全を重視する店の方針は評価出来る。(それは結局、営業上プラスにもなる)漸く上京前日にシフトが出て即TEL、口開けを確保。いつものように、前日と当日の一時間前の2度のリザーブ確認のTEL。その後、送迎車とはリザーブ時間の20分前に合流。店到着まで10分足らず。クリスマスながら、平日なのに待合室は満員。いつものお茶とおしぼりに加え、今回はチキンのサービス。しかし、チキンの味がする口でソープ嬢とキッスは出来ないので上がり後の提供を所望。満員なので緩やかなテンポですが、プレイ代金支払いから事前アンケート記載から直前トイレからご対面の流れは遅滞なく、いつものように、階段前のスライドドアを開いてご対面。

[ 2016-01-07 ]

カテゴリ: ソープ体験談